WHAT’S TTA?

TOKYO TOSHIMA ART(略して「TTA」)は、東京・豊島区のまちなかで展開するアートプロジェクトです。

豊島区の掲げる国際アート・カルチャー都市構想を推進すべく、公民連携でアート活動の場を拡張し、アートを応援するまちづくりの実現を目指します。

主催

TTA開催事務局

(豊島区・東武鉄道株式会社・株式会社BarbaraPool)

池袋ブランディング・シティ戦略検討委員会から派生した豊島区アート共創分科会にて今年度立ち上がったプロジェクトです。

 

PROGRAM

池袋モンパルナス回遊美術館

特別プログラム

TTA最初の取り組みは、池袋モンパルナス回遊美術館の特別プログラムとして実施します。本イベントは、今年14回目となる池袋のまちを美術館と見立てる産官学連携の取り組み。TTAは、通行人との接点となる場に飛び出したプログラムを2つの企画を実施します。

museum_btn.png

EAT&ART TARO作品 

「つくるひと 一人喫茶」

「つくるひと 一人喫茶」

1日平均264万人が利用するといわれる巨大ターミナル駅「池袋」。多くの人が行き交う駅通路に喫茶店のような空間が突然現れました。1席しかない店内は常に満席のようです。

日時

2019年5月18日(土) 11:00-17:00

場所

池袋駅西口地下 東武ホープセンター 中央通路(豊島区西池袋1-1-30)

協力

山本直(ヤマモトアトリエ)、星茉里(はらぺこ満月)

EAT&ART TARO

食をテーマに活動している現代美術作家。調理師学校卒業後に飲食店勤務を経てギャラリー でのケータリング、食に関するワークショップから作品制作を行う。これまでに自分で購入 したものが次の人のものになってしまう、おごることしかできないお店《おごりカフェ》や、 日本語も英語も通じないカフェ《ALL AWAY CAFE》、きゅうりをひたすら食べさせる《ザ キュウリショー》、《おにぎりのための、毎週運動会》、《さいはての「キャバレー準備 中」》など食をテーマにした作品を多数発表している。〈大地の芸術祭 越後妻有アートト リエンナーレ〉、〈あいちトリエンナーレ〉、〈瀬戸内国際芸術祭〉、〈奥能登国際芸術 祭〉など。

手拍子足踏み楽団 

としまの未来をみんなでつくる作戦カイギ「としまぐらし会議」から生まれた全員参加型ムーブメントプロジェクト。 みんなで楽しく手拍子足踏みしよう!飛び入り歓迎!※一緒に仕掛けたい人、10:30〜練習あり。

日時

2019年5月19日(土) 12:00-12:15

場所

東京芸術劇場前(豊島区西池袋1-8-1)

「パフォーマンス」

 

GALLERY

EAT&ART TARO作品 

「つくるひと 一人喫茶」

「つくるひと 一人喫茶」

EAT&ART TARO作品 

「つくるひと 一人喫茶」

EAT&ART TARO作品 

撮影・編集:おおきるみ

​手拍子足踏み楽団

「パフォーマンス」

撮影:若松写真館 
 
 

CONTACT

お問い合わせ

本イベントに関するお問い合わせは、

TTA開催事務局(株式会社Barbara Pool内)へ 

(C)2019 TTA開催事務局